ウォーキングしたいけど日焼けはしたくない!効果的な対策法とおすすめグッズ

当ページのリンクには広告が含まれています。

ウォーキングは健康維持やストレス解消に最適ですが日焼けのリスクは避けられません。


せっかくの運動で日焼けしたくない!


と悩む方も多いのではないでしょうか。

実際に日焼けによる肌ダメージはシミやしわ、皮膚がんのリスクを高め、美容面だけでなく健康面でも大きな影響を与えます。

本記事では、ウォーキング中の紫外線対策の基本から効果的なアイテム、時間帯の選び方まで具体的な対策法を徹底解説します。

快適にウォーキングを楽しみながら、美肌も守る方法を一緒に学びましょう!

目次

日焼けをしたくない理由

ウォーキング時の日焼け対策のイメージ画像

外で運動したいけど日焼けは極力したくないですよね。

なぜならこんな理由があるからではないでしょうか。

なぜウォーキングでの日焼け対策が重要か

ウォーキングは健康維持やストレス解消に効果的ですが、日焼け対策を怠ると肌にダメージを受ける可能性があります。

紫外線は皮膚がんやシミ、しわの原因となり長期的には肌の老化を促進します。

健康的なウォーキングを楽しむためには、しっかりとした日焼け対策が欠かせません 。

日焼けがもたらすリスク

日焼けによって肌が赤くなるだけでなく、紫外線はDNAに損傷を与え皮膚がんのリスクを高めます。

また日焼けによるシミやしわは、美容面での大きな問題となります。

さらに紫外線は免疫力を低下させるため、感染症にかかりやすくなる可能性もあります 。

日焼け対策の基本

ウォーキング時の日焼け対策のイメージ画像-2

日焼け対策にはどんなものがあるのかみてみましょう。

日焼け止めの選び方と塗り方

日焼け止めはウォーキング中の紫外線対策に欠かせません。

選ぶ際にはSPFとPAの数値を確認し、自分の肌タイプやウォーキングの時間帯に合ったものを選びましょう。

塗り方も重要で、顔や首、腕など露出する部分にはムラなくたっぷりと塗ることが大切です。

SPFとPAの意味と適切な値の選び方

紫外線は浴びすぎるとシワやシミの原因になることはご存知だと思います。

この紫外線(UV)には、波長の違う「UVA」と「UVB」2種類があります。

SPFとは

紫外線B波(UVB)を防ぐ指標で、日光を受け肌が赤くなるまでの時間をどれだけ伸ばせるかの数字で最高値は50。値が大きいほど効果が高くなります。

目安としてはこのようになります。

・SPF10~20:外に出る時間が数分から1時間
・SPF30~40:外に出る時間が2時間から3時間
・SPF50以上:外に出る時間が長時間

ちなみにSPFの最高値は50ですが、SPF50のものを「SPF50」、それ以上のものもあり表示は「SPF50+」と表記されます。

もちろん後者の方が効果が大きくなります。

PAとは

紫外線A波(UVA)を防ぐ指標です。効果の度合いは「+」で表示され、「PA+」から「PA++++」まであります。

目安としてはこのようになります。

・PA+:散歩や買い物など
・PA++:屋外での軽いスポーツやレジャーなど
・PA+++:炎天下でのレジャーやマリンスポーツなど
・PA++++:時間炎天下にいる時や紫外線の強い場所

SPF30~50、PA++以上の日焼け止めを選ぶと、ウォーキング中の紫外線対策に効果的です。

特に夏の強い日差しの下では、SPF50、PA++++を選ぶと安心した日焼け対策になります 。

効果的な塗り直しのタイミング

日焼け止めは時間が経つと効果が薄れるため、2時間おきに塗り直すのが理想です。

汗や水に強いウォータープルーフタイプでも、タオルで拭いたり汗を大量にかいた場合は再度塗り直しましょう。

ウォーキングの前には忘れずに塗り、長時間の外出時には携帯しておくと安心です。

UVカットアイテムの活用法

ウォーキング時の日焼け対策のイメージ画像-3

紫外線対策をするには様々な方法があります。

具体的にみていきます。

日傘の種類と選び方

日傘は顔や体全体を紫外線から守る効果があります。

UVカット機能付きの日傘を選び、持ち運びやすい軽量タイプがおすすめです。

特に裏地が黒いものは紫外線を効果的に遮断します。

帽子の選び方と使い方

帽子は紫外線から頭部や顔を守るために必須です。

つば広の帽子を選び、UVカット素材のものを使用しましょう。

黒やダークカラーは紫外線透過率が低くより効果的です 。

サングラスで目を守る

目も紫外線の影響を受けやすいため、UVカット機能付きのサングラスをかけることが大切です。

サングラスは目を保護するだけでなく、眩しさを軽減し視界をクリアに保つ効果もあります。

アームカバーと手袋の使用

腕や手も紫外線に晒されやすいため、アームカバーや手袋を使用することで効果的に保護できます。

UVカット素材のものを選び、通気性の良いものを選ぶと快適に過ごせます。

ウォーキング時の服装

ウォーキング時の日焼け対策のイメージ画像-4

ウォーキングに行く際にはどんな服装が日焼け対策に効果的でしょうか。

UVカット機能付きの衣服

UVカット機能付きの衣服は、紫外線を防ぐのに非常に効果的です。

特に長時間のウォーキングには、全身を覆うようなデザインのものを選びましょう。

素材は通気性が良く、吸湿速乾性のあるものが最適です 。

長袖と長ズボンの重要性

露出部分を減らすことで、紫外線の影響を最小限に抑えることができます。

夏でも薄手の長袖や長ズボンを着用することで、日焼け防止と同時に通気性の良いものも数多くあり体温調節も可能です。

色と素材の選び方

色は黒やダークカラーが紫外線透過率が低く効果的ですが、夏は熱を吸収しやすいためライトカラーのUVカット素材の衣服を選ぶと良いでしょう。

素材はポリエステルやナイロンなど、UVカット加工が施されたものを選ぶとさらに効果的です。

ウォーキングの時間帯とコース選び

ウォーキング時の日焼け対策のイメージ画像-5

ウォーキングで日焼けをしたくないのであれば、これまでのアイテムに加え以下に示すこともセットでやるとさらに効果的。

日差しが強い時間帯を避ける

紫外線が最も強いのは午前10時から午後4時です。

この時間帯を避けてウォーキングすることで、日焼けのリスクを大幅に減らすことができます。

早朝や夕方の時間帯にウォーキングをするのがおすすめです。

日陰の多いコースの選び方

ウォーキングコースを選ぶ際は、木陰や建物の影が多いルートを選ぶと良いでしょう。

公園や並木道など、自然の日陰が多い場所を歩くことで直射日光を避けながら快適にウォーキングを楽しめます。

その他の対策

ウォーキング時の日焼け対策のイメージ画像-6

日焼けを防ぐためにはこんなところにも注意。

ヘアケアとリップケア

髪や唇も紫外線の影響を受けやすい部位です。

ヘアオイルやミストを使って髪を保護し、SPF入りのリップクリームで唇のケアをしましょう。

これにより、髪のパサつきや唇の乾燥を防ぐことができます。

飲み物と食べ物で内側からの対策

抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンEを含む食べ物を摂取することで、内側からも紫外線対策ができます。

緑茶やトマト、ナッツ類などが効果的です。

またウォーキング中はこまめに水分を補給し、体内の水分を保つことも大切です。

まとめ

ウォーキング時の日焼対策のイメージ画像-7

日焼け対策は一度きりではなく、毎回継続的に行うことが重要です。

日常的に紫外線対策を心がけることで、肌を健康に保ち日焼けによるリスクを減らすことができます。

これらの日焼け対策を行うことで、安心してウォーキングを楽しむことができます。

健康的な生活を送るために、紫外線対策を徹底し快適なウォーキングライフを楽しんでいきましょう。

良かったと思ったらクリックで応援をお願いします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1972年生まれ。
将来の夢はプロブロガー&ギターリスト。
外はおっさんでも中は夢を追いかける純粋な少年の心をもつ。
時間と収入の自由を追い求め今日も突っ走る。
夢を追いかけ追いつきます!

コメント

コメントする

目次